-

免責不許可事由とは破産申告を申請した人にこれこれの事項に含まれている人は帳消しを受け付けませんとの内容を示したものです。レモンもつ鍋

極言すると完済が全く行き詰ったような状況でも、その要件にあたっている場合には負債の免除を受理してもらえないことがあるというわけです。風水

つまり破産を申し立て、借金の免責を得たい人にとっては最大のステージがこの「免責不許可事由」ということになるわけです。バリテイン

これらはメインとなる不許可となる事項の概略です。

※浪費やギャンブルなどで、資本を乱用したり過大な借金を抱えたとき。

※破産財団となるはずの動産や不動産を秘匿したり破損させたり債権を持つものに損害を与えるように売却したとき。

※破産財団の債務を虚偽に増大させたとき。

※自己破産の原因を有するのにある債権を持つものにある種の利を与える目的で財産を供したり弁済期前にお金を支払ったとき。

※前時点で返済不可能な状況にあるのに現状を偽って貸し手を信用させて続けて融資を求めたりクレジットにより物品を決済したとき。

※ウソの貸し手の名簿を公的機関に提出したとき。

※債務免除の申し立てから過去7年以内に債務免除を受けていた場合。

※破産法が求める破産宣告者の義務内容を反した場合。

上記8つの点にあてはまらないのが免責の要件とも言えるもののこれだけを見て詳しい実例を思い当てるのは、特別な知識がない限り簡単なことではありません。

それに加え、厄介なことに浪費やギャンブル「など」と記載されていることからも分かるように、ギャンブルなどはそのものは数ある中のひとつでギャンブルの他にも実際例として挙げられていない内容が非常に多いということです。

挙げられていない内容は一個一個事例を書いていくと際限なくなり具体的な例を挙げられなくなるものがあるときや過去に残っている裁定によるものが含まれるため、個々の破産がこれに当たるのかは一般の方にはなかなか見極めがつかないことの方が多いです。

いっぽうで、自分がなっているものとは思いもよらなかった場合でも判決をいったん下されてしまえば、裁定が元に戻されることはなく返済の責任が消えないばかりか破産申告者としてのデメリットを7年間も背負うことになります。

ですので、免責不許可の結果を防ぐために、破産を考えているときに少しでも不安に思う点や分からない点があったら、すぐに経験のある弁護士に声をかけてみてください。

Category

リンク