-

FX(外国為替証拠金取引)で投資する良いところは、一つの投資商品であるにもかかわらずお金を掛ける期間を短・中・長の3種類の中からいずれを選定するかにより、出資の手法が全然変わってくるということにあるのです。

初めに外貨投資の「長期の投資」について詳しく見てみましょう。

長期スタンスは一年以上の長期の出資を基準にしているのです。

為替のレートで、一年以上経った後の為替のレートは円高だろうか、逆に円安なのかを予想するということは、難問に近いです。

実際のところ、「それほど後の動向はわからない」と思うのが当然です。

予測もできないのになんとか予想しようとしたところでそんなことは無茶苦茶なものです。

そんなわけで、外貨を買ったとして、買ったタイミングのレートよりも円高傾向になったとしても、その分はいつか戻ってくるという程度のイメージで向き合うものです。

為替差益を無理に狙うというよりも、その他の利益、言い換えればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を上げることを第一の目標ということでやってみましょう。

もちろん、少しの期間で為替変動の損がひどく膨らんでしまうこともあります。

よって、そういった差損が大きくなっても耐えられるようにレバレッジを少しで設定することは重要です。

FX(外国為替証拠金取引)は、損失がある範囲を超えて更に広がると追加保証金が必要になったりあるいはロスカットがかけられたりします。

損切りがかかったら、その時点でトレードを決済する必要があり、長期の取引がダメになります。

例のような危険から逃れるにはレバレッジ2?3倍あたりで取引することです。

今度は中期でのトレードについてです。

中期のケースは一番長くて1?2ヶ月くらい先々を予想してのトレードになります。

為替のトレードの場合、約1ヶ月先のことであれば、ある程度、想定できるだと思います。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような閣議の議題や、市場で取引している人たちがいかなる内容に関心があるかを見てみればいくぶん想定できるのです。

この経済の基礎的条件を見ながらなおグラフを参照することで為替の相場のレベルを把握する事ができ、トレードを見定めるのがベストです。

基本的に、経済の基礎的条件とテクニックのどちらでも光り、または買い傾向が一致している時は予想通りに動くと思って間違いありません。

保有高を増やすと高いリターンを受け取れるのです。

3つ目に短期スタンスの重要点です。

ここでの短期スタンスというのはいわゆるデイトレーディングのことを意味しています。

為替市場でデイトレーディングを行うには、経済情勢はまったく関連がないと断言します。

というのもあくる日のレートの動向に、ファンダメンタルズは関係がないからです。

この場合最大のポイントは大きいイベントがあり、それに影響されて為替のレートが大幅に変動するタイミングを見逃さないようトレードしましょう。

たとえばアメリカ合衆国で雇用の情勢が公開されるはたまた金融政策が行われることによって制作金利が変わるといった催しごと。

こういった絶好の機会に動きをものにするとの理由で、短期のスタンスでは高度な要素が求められる。

Category

リンク