-

多くの場合、クレカの上限金額があなたがよく払う金額より多めに設定していると使用者は大丈夫だと勘違いして必要よりもカードで支払ったりするきらいがあるようです。このようなクレジットカードの使いすぎを減らす意味でも使用できる限度額を安全のため低めに決めておこう・・・というのがこの本文の主な考え方です。月の利用限度額をコントロールする方法□カードの月の利用限度額を減らしておくやり方は月ごとの限度額を増やすやり方と同様、非常に単純です。利用カードの裏側に案内のあるフリーダイヤルにダイヤルして「月ごとの限度額を下げていただけませんか」というふうに電話に出た人に向けて伝えるだけ。通常は今現在の限度額より低い金額であれば、込み入った審査もなくすぐに変更が完了します。限度額をセーブしておくのは資産を守ることにも結びつく△クレジットカードの限度額の抑制は、自己抑制等の効果のみならず危険を避けることにも関係してきます。仮にだが、クレカが悪意のある人物に乱用された場合でも普段からクレカの利用限度額を少なめにコントロールしているなら被害を可能な限り最小限にすることもできるからなのです。強調しておきたいのは、たとえクレカが偽造されることになったとしてもクレカの保有者に重大な過失が確認できない限り、盗難保険という名前のものが使用者を助けてくれることになるから心配することではないですが1%の可能性のことを頭に入れておき設定が高いならば利用限度額はセーブしておくと効果があるでしょう。使うことのない限度額は良いとは言えないことなのです。

Category

リンク